Beauty Guard

目の健康を守るためにアイケアを実践しよう!

サプリメントで目を強化

サプリメントを利用する

人は日頃から目を使わなければいけません。パソコンを使う時、本を読む場合、調理を行う場合など様々です。しかし、目を酷使すると充血してしまう恐れがあります。他にも痛みやぼやけなどの症状も出て来ますから、日頃から予防も兼ねて「アイケア」を行うべきです。目の回復やトラブル改善などを「アイケア」と呼びますが、やり方はたくさんあります。簡単な手段が『サプリメント』を利用するだけですが、目や視力に影響を与える成分を含んだ製品を利用すべきです。『アントシアニン』が代表例であり、それは色素成分のポリフェノールの一種に該当します。ブルーベリーやビルベリー、赤シソやモイストベリー、ストロベリーなどに含まれている、「アイケア」に適した成分です。なぜ、『アントシアニン』が目に良いかというと、目の網膜にあるロドプシンの再合成を助ける働きかけがあり、眼球の疲労や痛みを回復させる作用が決定的になります。また、新陳代謝を活性化させますから、目のトラブルが回復する様にサポートする働きかけも強みです。眼球の仕組みに影響を与える様に機能する『アントシアニン』は、「アイケア」にとても適しますが、眼球にメリットを与えるだけでなく、健康にも良い影響を与えます。しかし、普段からブルーベリーやストロベリー、ビルベリーを毎日食べられるほど、手軽な果物ではありません。また、色素成分である『アントシアニン』は食事から補給しにくいと言えますから、『サプリメント』で摂取すると負担が減ります。

目の疲れを回復しよう

パソコンやスマートホンを多用するようになってから現代人の目は以前よりも疲れやすくなりました。効率的で効果のあるアイケアを実践しないと、毎日の仕事にも影響があります。パソコンやスマートホンを一日中使わなければいけない人は、まず二時間毎に目を数秒間閉じて、数秒間開けるというアイケアを行ってみてください。具体的には10秒ほど目を閉じて、2秒ほど目を開けるというエクササイズです。これを5回繰り返します。このエクササイズにかかる時間はわずか1分ですが、とても効果的です。パソコン作業のように一日中画面を見続けるという作業は本来の人間の目の使い方とは違います。正しいアイケアを行わなければドライアイの症状が起こりやすくなってしまうのです。家に帰ってからも簡単にできるアイケアの方法もあります。家に帰ってお風呂に入る時に小さくて清潔なタオルも一緒に持って入ってみてください。お風呂に入れたお湯とは別に蛇口から40度程度のお湯を出し、タオルを濡らします。そのタオルをお風呂に入っている間、顔を上向きにして目の上に乗せてみてください。目の上にタオルを乗せる時間は5分程度で大丈夫です。入浴の時、体はお湯に入っていますが、顔はお湯の上に出ています。これでは、体の疲れは取れても、目の疲れはとれません。目の疲労を回復させるためには目の周りの血管を広げて血液の循環をよくする必要があります。お風呂に入ったついでにできる効果的なアイケアです。

クマにも効く方法

女性

アイケアを行なうとクマの改善にも繋がります。また、クマにも種類があり、それによって原因も変わってきます。クマというのはなかなか改善しないと思われていますが、アイケア次第によってはしっかりと改善することが可能です。多くの場合はアイクリームを塗って、根本的に改善させるケア方法が効果的です。原因別のアイケア方法としては、まずは血行不良の場合です。ヒアルロン酸やコラーゲンがたっぷり含まれているクリームでマッサージを行うことによって改善していきます。また、目元のたるみに効くアイケアでおすすめなのが、セラミドが含まれるクリームを利用することです。角質層に潤いを与えてくれるので、クマを改善することができます。このようにアイケアと一言で言っても、クマの改善も望めますし、当然目の疲れも改善できます。しっかりと毎日ケアしていくことによって、表情も明るくなりますし、顔色もよくなっていきます。目の疲れというのは、一度発症するとなかなか頑固でとれにくくなるので、日頃から目の疲れを取るようにしてください。人気の方法としてはアイマスクをして目を休めたり、ホットタオルを目の上に乗せて入浴したりするなどです。この方法はどちらも目を休ませて、少し視界の霞みを綺麗にしてくれるので人気です。ちょっとした意識の向け方や時間のある時に実践することによって、目のケアというのはできるものです。また、仕事で目を酷使しているのであればブルーカットメガネを利用するのも一つの手です。