Beauty Guard

目の健康を守るためにアイケアを実践しよう!

目薬を活用しよう

疲れのタイプ別に決める

女の人

市販の目薬を使用してアイケアをする人は多くいます。ただ、使用している目薬がアイケアとして効果があるのかわかっていない人やどの目薬を使用すればいいか迷ってしまう人も多いです。その時は、まず自分の目がどんな風に疲れているのかを知る必要があります。それを踏まえて目薬を選ぶようにすると正しくアイケアを行うことができます。一般的なアイケアとして効果がある成分はビタミンB6と呼ばれるものです。目の神経を正しく機能させるためには必要不可欠な成分となっているので、ビタミンB6が入っている目薬をまずは選ぶようにすると良いです。また、目のピントが合わなくなってきたという人であれば、メチル硫酸ネオスチグミンという成分が良いです。ドライアイに悩んでいる人であれば、コンドロイチンが非常に効果があります。コンドロイチンは保水効果が高く、涙に近い成分なので角膜保護ができます。保水効果という部分でいえば、ヒアルロン酸も非常に効果があります。女性には馴染みのある成分ですが、目にも効果が高く通常のものよりも粘度があります。そのおかげで、より潤いが強く、長持ちするため、目の補修を促してくれます。このように目薬というのは、目がどのように疲れているのかという点をしっかりと理解していることが大事です。購入する際は、よく配合成分を読んでから自分の疲れの症状に合ったものを決めてください。どうしてもわからない場合は薬剤師に相談すると良いです。

血液循環を促します

婦人

アイケアにはさまざまな方法がありますが、ここでは自分で簡単にできるアイケアの方法を紹介していきます。それは目を温めるというものです。眼精疲労の原因は血液循環の悪化であることがほとんどです。そのため、目の周囲を温めることで血流を良くして目の疲れをとりましょう。やり方は簡単でまずは目を閉じます。それから手で目を覆います。冬の季節のときには冷え性の人は手が冷たくなっているので、手をこするなどして温めてから目を覆うことです。目を閉じるのは手の平が眼球に当たることを避けるためだけでなく、目の視神経を休めることも目的にしています。そうして目とその周辺を温めるとリラックス効果も生じて目の疲れもとることができます。アイケアの中で最も簡単な方法です。また、より高い効果を求める人は、手ではなく蒸しタオルを用意することをおすすめします。電子レンジで水で濡れたタオルを1分温めるだけで蒸しタオルは簡単にできます。それを目の上に乗せると即効性も高いです。バンザイして手をあげた脇の下を温めるのもおすすめです。さらに、血液循環を促進させたい人は蒸しタオルを取った後にアイシングをすることです。人間の身体は温めることと冷やすことを繰り返すと、より血行促進につながりますので、アイスパックなどを使って目の周辺を冷やしましょう。こうしたアイケアをすることで、目の疲れが確実に回復するようになります。興味がある人はぜひやってみましょう。

点眼薬を使ってみよう

レディ

現代人は目を酷使する人が多くなっていると言われています。その理由の一つに、パソコンやスマートフォンといった機器を日常的に使用することが挙げられます。特にデスクワークをしている人は一日中、パソコンを使うことも少なくありません。パソコン画面を凝視していると、瞬きの回数が少なくなってしまいます。それによってドライアイとなってしまうこともあるわけです。目の酷使によって、いわゆる疲れ目といった状態になることもあります。目がしょぼしょぼしたり、目の下にクマができたりといったことが挙げられます。これらは見た目も悪くなるので、アイケアをした方がいいかもしれません。特に女性は目の下にクマができたり、シワができたりすると老化現象として気になることでしょう。アイケアの仕方はいろいろあるので、自身に合う方法を選択することをお勧めします。まず、誰もができやすい簡単なアイケア方法は点眼薬の使用です。ドライアイ改善のための点眼薬を活用してみましょう。ドラッグストアや眼科でも処方してくれるので、誰でも手軽に購入できます。それから、目尻のシワや目の下のクマが気になる人は、目の周りの筋肉が衰えていたり血行が悪くなっていたりすることが考えられます。よって、目の周りの血行を促してみましょう。アイケア方法としては、目の周りを温めるといった方法が挙げられます。もちろん、目をつぶって目を休ませることも一つの方法です。後はスキンケア商品などを使ってみるのもいいかもしれません。