Beauty Guard

目の健康を守るためにアイケアを実践しよう!

目の筋肉を使おう

簡単にできる対策を知ろう

レディ

デスクワークをしていたり、何かに一点集中したりしなければならない仕事をしているという方の中には目の疲れを感じているという方もいるはずです。その際には目にダルさを感じている方もいれば、染みてしまうような痛みを感じるという方もいらっしゃるでしょう。それらの症状は視力にも影響してきますので、しっかりと現状の視力を維持するためにもアイケアを行っていきましょう。簡単な対策としては目の運動によるアイケアを挙げることができます。例えば目を上下左右に大きく動かしたり、回転させたりするのもいいでしょう。普段は向かない方向に目を動かしてあげれば、瞳の筋肉をほぐすことに役立ちます。このアイケアを行っていくだけで、目の奥が温かくなり、疲れにくい瞳にしていくこともできます。また、入浴中などに温まったタオルで目を覆ってあげることも対策として役立ちます。暖めることにも筋肉を解きほぐす効果がありますので視力低下を予防できるでしょう。どちらの方法も目の筋肉の緊張をほぐす効果があるため、積極的に行っていかれるといいでしょう。短時間でできる対策ですし、いつでも簡単に行えますので、気がついたときにでも行ってみられるといいのではないでしょうか。アイケアを行うためには目の筋肉のことを考えてあげることが重要です。最近目に疲れを感じているという方や痛みを感じるというのであれば、自分でも始められそうな対策から実行してみられるといいかもしれません。

疲れた目を癒す方法

ウーマン

スマートフォンやパソコンの使用が一般的になっている今、目の疲れというのは起こりやすい環境にあります。そこで注目されているのがアイケアです。これは目の疲れを癒すことを言い、こまめにアイケアをおこなうことで目の負担を軽くすることが出来ます。ここでは自宅などで簡単にできるアイケアの方法を説明します。まずアイテムとして代表的なものは、目薬が一般的です。仕事中などはもちろんですが、自宅に帰った時に目薬で疲れた目をケアしてあげると、精神的にもリフレッシュすることができます。また薬局には色々な種類の目薬があるので自分に合ったものを試してみると良いでしょう。そして他にも目もとパックがあります。このアイケアの効果としては、目の疲れを和らげることや、目もとの皮膚の保湿等が期待できます。そしてクマや目の充血などのトラブルにも良く効きます。また目もとの皮膚は他の部分に比べてとくに薄く、顔の中で一番デリケートな場所と言えるので、強い刺激などは避けるようにしましょう。さらにアイマスクも効果的です。これは目を冷やしたり温めたりすることが出来るマスクで、使い捨てタイプやレンジで温めるタイプなど種類は色々あります。冷やしてあるマスクは目の充血や腫れに効果的で、温めてあるマスクは目の周辺の血行の促進や凝った筋肉を和らげることが期待できます。このようにアイケアにも色々な種類があるので、目の状態によって上手に使い分けましょう。

眼の健康を保ちましょう

女性

今の時代、仕事でも学校でも、また家でくつろいでいるときでさえスマホやパソコンを使っている人がほとんどです。楽しく便利な道具でも、眼を使いすぎて頭痛や視力低下を引き起こしてしまったら大変。眼をいたわるアイケアが重要です。スマホやパソコンを使っていて、眼が少し疲れたな、と思ったとき、まずは目を閉じて少し休みましょう。それから少し遠くを見ることや、できれば窓の外の遠い風景や空を眺めましょう。さらに眼をギュッと閉じてパッと開くことを数回繰り返す。そうする事で、ピントを合わせて物を見ようと頑張っていた眼の筋肉組織がリラックスします。遠くを見るなどすると眼が休まる感じがしますが、実際眼がリラックスしています。これも立派なアイケアと言えます。また、視力回復の方法について解説した本やグッズも販売されています。3D画像を立体視することや、ピント調節が楽になるピンホール眼鏡というものをかけて眼をリラックスさせることや、またアイケアグッズとしてはレンジで温めて何度も使えるアイマスクなどがあります。適度に眼を温めることはリラックス効果に加えて、眼房水という、眼球の内部を循環している液体の流れを促して眼の健康を保つ効果があるとも言われています。眼科によっては眼をリラックスさせて視力回復を促す装置を設置している所もあります。アイケア、と言っても様々で、自分に合う方法を自ら試すことや、試したことのあるお友達や知人に情報を教えてもらうのもいいですね。