Beauty Guard

目の健康を守るためにアイケアを実践しよう!

目に優しい生活

将来のために

ウーマン

老眼というのは、誰しもが経験するものだと考えられています。特に40代から60代にかけては進行しやすいので注意が必要です。老眼になってしまうと、小さな文字が読みにくくなります。ただ、若いころからしっかりとアイケアをしていると老眼予防の効果を感じることができます。口コミで有名なアイケア方法は、紫外線予防です。目の中の水晶体が硬くなっていく原因の一つに活性酸素の発生が考えられています。これは、紫外線が原因とされているので、日差しが強いときにはUVカットのサングラスをかけるなどの対策をしましょう。また、アルコールやタバコも活性酸素を発生させるので、適量を心がけることが大切です。この部分は生活態度として気をつけることができるアイケア方法です。その他のアイケアとして人気なのは、目薬を活用するという方法です。アイケアとして最も効果的なのは目薬で、仕事でパソコンを使用している人はかなりまばたきの回数が少なくなります。そのせいで目の表面に乾きを感じる人も多く、目が疲れていきます。忘れがちではありますが、時々深いまばたきをしてみます。その後、目薬を使用すると効果的です。特に目薬の種類としては、人工涙液と呼ばれる涙に近い成分を多く使用しているものを使用すると効果的だと人気です。このように目に負担をかけない生活を心がけながらケアをしていくと、将来的に老眼になりにくい目になっていきます。小さな習慣としてしっかり守っていきましょう。

栄養成分を補給しよう

女性

目を酷使する現代社会では、アイケアが男女問わず必要になっています。方法はマッサージや目薬の活用など様々ですが食材からアイケアに必要な栄養素を摂取する事が可能です。パソコンやスマートフォンの普及から増加傾向にある、充血や涙が多くなるドライアイの症状にはビタミンAが有効です。目の粘膜を守り、網膜を良い状態に保つ効果があります。食材からは主に緑黄色野菜から摂取出来ます。それに含まれているベータカロテンは体内で必要なだけビタミンAに合成されます。ビタミンはサプリメントや注射からも摂れますが、日々の食事からも手軽に補える栄養素なのでドライアイの方やアイケアに関心のある方は心がけると良いでしょう。目の老化から発生しやすい飛蚊症の症状には、アントシアニンが有効です。体の中の抗酸化作用を高める事によって、老化を予防する効果があります。また、目に栄養や酸素を送る、目のピント機能を調節する役割があります。食材から得るには黒ごまが効果的です。黒ごまにはセサミン、ビタミンEも含まれています。白ごまでもいいのかという疑問が生まれますが、アントシアニンが含まれているのは黒ごまだけなのです。黒い皮に含まれています。目に良いと有名なブルーベリーやビルベリーにも入っています。夕飯のおかずに黒ごまをティースプーン一杯程度で良いのでふりかけたり、ブルーベリーが含まれているヨーグルトを食べたりするだけで簡単にアイケアになります。簡単な心掛けでアイケアが出来るので、気になる方は試してみてはいかがでしょうか。

リフレッシュできる目薬

女の人

パソコンやスマートフォンでオンタイムでニュースを見られることや、いつでも好きな時に友達とコンタクトを取れる時代になりました。便利になった反面、目への負担が大きく、慢性的な眼精疲労に悩む人も多いようです。そんな中、目を酷使しないようにアイケアをする人も増えており、疲れ目が解消した、眼精疲労による頭痛がなくなったなど、口コミなどでの評判も上々です。では、アイケアの必需品とは、どのようなものがあるのでしょう。1つ目は、目の周りの筋肉をほぐし、目の疲れを取ってくれるホットアイマスクです。温めるだけでなく、香りのついているタイプもあり、癒し効果が期待できるものもあります。2つ目は、定番中の定番の目薬です。点し心地がクールで、リフレッシュする効果のあるもの、目に潤いを与えてドライアイを解消してくれるものなどがあり、悩みに合わせて選べます。小さくて携帯しやすいので、外出時に持って行けるのも利点です。3つ目は、ブルーライトカットメガネです。パソコンやスマートホンの画面から発光するブルーライトは、目を疲れさせることや、視力低下の原因として認知されています。ブルーライトカットメガネは、ブルーライトから目を保護してくれます。慢性的な目の疲れは、自分ではなかなか気づきにくいこともあります。放置して、視力が下がってしまう前に、自覚症状のないうちからアイケアをすることが大切です。これらのアイケアグッズを活用して、大切な目を労わりましょう。